Categories
未分類

CBDの「健康被害」のリスク・第三者機関の分析の有無

CBDの健康被害?合法ではないvapeにビタミンEアセテートが混入していたケース

リラックス効果など様々な効果が期待されアメリカでも大流行中のCBDには、深刻な健康被害を引き起こす一面も持っています。

過去には重篤な健康被害も起きておりリスクも指摘されているので、身体に良い使い方をするためにも知っておく必要があります。

CBDの健康被害で大きな問題となったのは、ノースカロライナ州にあるアメリカ軍基地でおいた事件です。

ノースカロライナ州にある2つのアメリカ軍基地内の医療センターで、約60人の軍関係者がわずか数ヶ月の間に頭痛や吐き気、障害見当識障害などの症状を訴える事件がありました。

この事件の原因となったのは、VAPEで吸っていたCBDにビタミンEアセテートが含まれていたからです。日本国内では違法のビタミンEアセテートを過剰に吸い込むと、頭痛や吐き気などの副作用を引き起こします。

つまり違法な成分であるビタミンEアセテートを過剰に吸い込んだことによって、基地内で次々と関係者が症状を訴えました。

その結果アメリカ陸軍は公衆衛生警告を発する事態にまで陥り、アメリカ内でも人体に与える悪影響について考えさせられる事件となりました。

その他にもVAPEのオイルに熱を加えると発がん性物質に変化する成分が含まれていたなど、含まれている成分には気を付けなければいけません。

基本的にはとても安全性の高い!けど第三者機関の成分分析されている製品を選ぶ

アメリカ軍を揺るがすほどの事件が過去に起きていると、ネガティブなイメージを持ってしまうかもしれません。

しかしCBDは基本的にはとても安全性が高いといわれており、大切なポイントはオイルなどに含まれている成分です。

法律では認められていない違法成分が含まれていたり、加熱したり高温になると発がん性物質へと変化する成分が含まれていなければ、健康リスクは下がり身体に良い効果だけ得られます。

ですから店頭でCBDを購入するときには、安全性に注意しながら選びましょう。

安全性の目安にはいくつかポイントがあって、一つはGMP認証された製品です。

GMP認証を受けた製品は製造工程から出荷まで徹底管理された工場で生産されているので、信頼性が高く違法成分が入り込む可能性も低くなっています。

また第三者機関に成分分析を依頼して、認められている製品を選ぶのもポイントです。自社だけではなく公平な第三者がお墨付きを与えている製品なら、信頼性は寄り高まるでしょう。

さらに正規輸入代理店や専門ショップなど、海外から輸入されるときに税関を通っていることも重要です。

このようにいくつかのポイントに注意しながら選ぶようにすれば、安心してCBDを使えます。