Categories
未分類

CBDオイルで「だるさ」を感じる?睡眠薬とは違い自然なもの

CBDオイルはだるさや倦怠感や眠気や脱力感などの心配なし

ベッドに入ると色々と考えてしまい漠然とした不安に襲われ目が冴えて寝付けなくなる、ちょっとした物音で目が覚めてしまい一度夜中に目が覚めるとそのまま朝まで眠れなくなる、眠りが浅くて熟睡することが出来ず朝スッキリと目覚めることが出来ないなど、不眠気味で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんな不眠の悩みに寄り添い安眠に誘ってくれるのがCBDオイルです。

CBDオイルは麻に含まれるカンナビジオールという成分が配合されたオイルで、舌に垂らして摂取すると精神を穏やかで良好な状態に導くことが出来ます。就寝前に摂取すれば安眠効果も期待できますが、睡眠導入剤などとは作用の仕方や性質が異なります。

睡眠導入剤を用いると翌日体がだるい、日中眠くなるなどの副作用が出てしまうことがありますが、CBDオイルは薬ではありませんのでだるさや倦怠感や眠気や脱力感などの副作用の心配がありません。

安心して摂取することが出来ます。睡眠導入剤とは違い、精神を穏やかにさせたり気分をリラックスさせたり気持ちを落ち着かせたりなどのアプローチで安眠に誘いますので、朝はスッキリと目覚めることが出来て疲労もしっかりと回復されて日中は元気に過ごせるようになります。

想定していなかった反応が出た場合の対処法

もともとの体質や摂取するときの体調や心理状態によっては、CBDオイルによる副作用的な症状があらわれることもあります。

その場合の対策方法についてですが、摂取する量を調節したり摂取するタイミングを変えてみたりして様子を見てみましょう。

直接舌に垂らして摂取するオイルタイプから、電子タバコを用いて気化させて吸引するリキッドタイプに変えてみるという方法もおすすめです。

色々と模索しながら使い続けていると、自分にぴったり合った量や摂取の仕方や摂取に最適なベストタイミングが徐々にわかってきます。

不眠症だけではなく、頭痛や筋肉痛や肩こりや神経痛や腰痛やうつ病や更年期障害や月経前症候群やパニック障害や社会不安障害など、様々な不調や疾患の改善や予防に役立てることが出来ます。

メンタルの不調を感じているけど精神科や心療内科を受診するのは何となく抵抗感を覚える、自律神経のバランスが乱れていて自分の心と体を上手にコントロールすることが出来ない、仕事が忙しくて心身ともに疲弊しているなどの悩みがある方は多いのではないでしょうか。

ストレスだらけの現代社会を健やかにアクティブに元気に生き抜くためのお供として、CBDオイルを上手に取り入れていきましょう。