Categories
未分類

CBDは「一気飲み」するより適量がイイですよって話

CBDは一気飲みしても大丈夫?大丈夫だけど適量がベスト

CBDは明確な摂取量が定められておらず、ヘンプの特徴としてその効果には個人差があります。

西洋薬ほどいろいろな研究が進められていないので、明確には定められていません。例えば同じ量のお酒を飲んでも酔いにおいて差があるように、人によって効果はさまざまです。

使用目的により摂取量も変わるので、注意書きには自身の体調に合わせてアレンジするようにと記載されています。

仮に一気飲みしたとしてもそれほど害があることはありませんが、自分で適量がどのくらいか試してみることをおすすめします。

一気飲みはやりすぎになるので、最初1滴〜5滴ぐらいで試してみて次第に増やしていくと良いでしょう。

使用目的によっても量は変わってきます。

リラックス感が欲しかったり、不眠に悩んでいる人で利用しているケースは多いです。感覚的にリラックスというより集中力が増すことになるので、何かしら活動を始めるタイミングに利用すると効果的です。

特に朝に飲むと目が覚めるような感じがして、2~3滴でも効果を実感することができます。

仕事中に行き詰まった時に一服的な感じで利用したり、落ち運びすることができるので便利です。

無理やり一気飲みするのではなく、自分のライフスタイルに合った使い方を見つけてみましょう。

CBDはプロのアスリートが使っている!世界アンチドーピング機関も承認

CBDはプロのアスリートも使っていて、特にアフターケアに利用されています。

CBDにはいろいろなメリットがあり、怪我からの回復やトレーニング後の回復をサポートする働きがあるので便利です。

睡眠を改善することができ、精神を穏やかにする作用を持っています。

質の良い眠りを得ることができるので、疲労回復に効果的です。

多くのアスリートが利用することで、朝起きると痛みがなくなっていたりリフレッシュした感覚を得ています。

アスリートの緊張もほぐすことができ、不安感などを減少させることが可能です。食欲増進や吐き気も減少することができ、トレーニングの後は食欲が落ちる傾向がありますが、食欲を助けることが可能です。

免疫をサポートすることができ、この成分を加えることによって更に免疫力を高めることができます。

体の免疫機能を強くすることができるので、過度のトレーニングを行っても体の機能を維持することが可能です。

世界アンチドーピング機関はCBDを禁止成分として除外しているので、安全に使用することができます。

プロはもちろん、トレーニング愛好家も多く利用しており、筋肉疲労を回復することができたり、リフレッシュ効果を得ることが可能です。