Categories
未分類

CBDリキッドは「ラリる」?はじめは疑ってました、実は。

CBDでラリることはない!そのワケとは?

CBDには違法な成分が一切入っておらず、精神的に異常を来たすリスクも全くありません。あくまで疲労回復や自律神経の調整のために活用できるものですから、依存性への心配もする必要がないのです。

当然、ラリることへの不安も持たなくて構いません。

薬物の副作用によく見られる意識の混濁や、異常行動を起こす可能性も有り得ないでしょう。過剰摂取すら問題ないとされていますから、多少1日の目安を超えるような量を摂っても害がないのは本当に素晴らしいです。

WHOからも太鼓判を捺されているように、CBDは健康的に身体を楽にする方法の1つとして今や世界中で認知されつつあります。

まだ日本では普及していない印象が強いですが、海外では厳しい検査を受けるプロアスリートですら愛用している人が多いので、ここも違法性やラリることへの不安を払拭する根拠となっています。

また、通常の副作用自体もほとんど確認されておらず、何となく眠気が強くなる程度のものしかありません。

寧ろ一般的に出回っている市販の薬よりも、摂取が簡単で続けやすいことから利点は上だという意見もあります。

それくらい配合成分が保証できるものですので、ラリる不安から使いたくないという人も一度試してみる価値はあるでしょう。

キマったりしないけど、気化摂取すると吸収されたやすい

CBDは経口摂取する方法が一般的で、主にオイルなどを飲み物に混ぜて一緒に飲むのが主流です。しかし効率良く摂り込むには気化させるのが理想とされており、そこで役立つのがタバコに垂らす方法で煙と一緒に摂取することです。

具体的にはタバコの巻紙にCBDの液体を垂らし、その後に火を点けます。

すると煙の中に気化されたCBD混ざるため、そのまま吸ってしまえば肺に直接摂り込むことができます。こうすると胃に入れるよりも全身に効果が巡るのが早くなり、少ない量からでも最大限の恩恵を受けられるようになるのです。

当然タバコが苦手な人もいるでしょうが、電子タバコや水タバコを活用しても構いません。熱で気化させることがポイントなわけですから、水に混ぜてそれを蒸発させたものを吸っても大丈夫です。

多少経口摂取よりも手間は掛かりますが、しっかり効果を感じたい人にほどおすすめできます。

CBDは熱にも強いため、加熱することで成分が弱まったりはしません。

その代わり気化させる際に混ぜる水の量などが多いと気化もしにくくなるので、少量の水で行うようにしてください。

同時にタバコに使う場合も、どこに垂らすのかを考えて使うと吸う煙の量を減らせます。

煙を吸い過ぎると健康的に本末転倒ですし、十分に注意をしておいてください。