Categories
未分類

CBDは「一気飲み」するより適量がイイですよって話

CBDは一気飲みしても大丈夫?大丈夫だけど適量がベスト

CBDは明確な摂取量が定められておらず、ヘンプの特徴としてその効果には個人差があります。

西洋薬ほどいろいろな研究が進められていないので、明確には定められていません。例えば同じ量のお酒を飲んでも酔いにおいて差があるように、人によって効果はさまざまです。

使用目的により摂取量も変わるので、注意書きには自身の体調に合わせてアレンジするようにと記載されています。

仮に一気飲みしたとしてもそれほど害があることはありませんが、自分で適量がどのくらいか試してみることをおすすめします。

一気飲みはやりすぎになるので、最初1滴〜5滴ぐらいで試してみて次第に増やしていくと良いでしょう。

使用目的によっても量は変わってきます。

リラックス感が欲しかったり、不眠に悩んでいる人で利用しているケースは多いです。感覚的にリラックスというより集中力が増すことになるので、何かしら活動を始めるタイミングに利用すると効果的です。

特に朝に飲むと目が覚めるような感じがして、2~3滴でも効果を実感することができます。

仕事中に行き詰まった時に一服的な感じで利用したり、落ち運びすることができるので便利です。

無理やり一気飲みするのではなく、自分のライフスタイルに合った使い方を見つけてみましょう。

CBDはプロのアスリートが使っている!世界アンチドーピング機関も承認

CBDはプロのアスリートも使っていて、特にアフターケアに利用されています。

CBDにはいろいろなメリットがあり、怪我からの回復やトレーニング後の回復をサポートする働きがあるので便利です。

睡眠を改善することができ、精神を穏やかにする作用を持っています。

質の良い眠りを得ることができるので、疲労回復に効果的です。

多くのアスリートが利用することで、朝起きると痛みがなくなっていたりリフレッシュした感覚を得ています。

アスリートの緊張もほぐすことができ、不安感などを減少させることが可能です。食欲増進や吐き気も減少することができ、トレーニングの後は食欲が落ちる傾向がありますが、食欲を助けることが可能です。

免疫をサポートすることができ、この成分を加えることによって更に免疫力を高めることができます。

体の免疫機能を強くすることができるので、過度のトレーニングを行っても体の機能を維持することが可能です。

世界アンチドーピング機関はCBDを禁止成分として除外しているので、安全に使用することができます。

プロはもちろん、トレーニング愛好家も多く利用しており、筋肉疲労を回復することができたり、リフレッシュ効果を得ることが可能です。

Categories
未分類

CBDオイルで「だるさ」を感じる?睡眠薬とは違い自然なもの

CBDオイルはだるさや倦怠感や眠気や脱力感などの心配なし

ベッドに入ると色々と考えてしまい漠然とした不安に襲われ目が冴えて寝付けなくなる、ちょっとした物音で目が覚めてしまい一度夜中に目が覚めるとそのまま朝まで眠れなくなる、眠りが浅くて熟睡することが出来ず朝スッキリと目覚めることが出来ないなど、不眠気味で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんな不眠の悩みに寄り添い安眠に誘ってくれるのがCBDオイルです。

CBDオイルは麻に含まれるカンナビジオールという成分が配合されたオイルで、舌に垂らして摂取すると精神を穏やかで良好な状態に導くことが出来ます。就寝前に摂取すれば安眠効果も期待できますが、睡眠導入剤などとは作用の仕方や性質が異なります。

睡眠導入剤を用いると翌日体がだるい、日中眠くなるなどの副作用が出てしまうことがありますが、CBDオイルは薬ではありませんのでだるさや倦怠感や眠気や脱力感などの副作用の心配がありません。

安心して摂取することが出来ます。睡眠導入剤とは違い、精神を穏やかにさせたり気分をリラックスさせたり気持ちを落ち着かせたりなどのアプローチで安眠に誘いますので、朝はスッキリと目覚めることが出来て疲労もしっかりと回復されて日中は元気に過ごせるようになります。

想定していなかった反応が出た場合の対処法

もともとの体質や摂取するときの体調や心理状態によっては、CBDオイルによる副作用的な症状があらわれることもあります。

その場合の対策方法についてですが、摂取する量を調節したり摂取するタイミングを変えてみたりして様子を見てみましょう。

直接舌に垂らして摂取するオイルタイプから、電子タバコを用いて気化させて吸引するリキッドタイプに変えてみるという方法もおすすめです。

色々と模索しながら使い続けていると、自分にぴったり合った量や摂取の仕方や摂取に最適なベストタイミングが徐々にわかってきます。

不眠症だけではなく、頭痛や筋肉痛や肩こりや神経痛や腰痛やうつ病や更年期障害や月経前症候群やパニック障害や社会不安障害など、様々な不調や疾患の改善や予防に役立てることが出来ます。

メンタルの不調を感じているけど精神科や心療内科を受診するのは何となく抵抗感を覚える、自律神経のバランスが乱れていて自分の心と体を上手にコントロールすることが出来ない、仕事が忙しくて心身ともに疲弊しているなどの悩みがある方は多いのではないでしょうか。

ストレスだらけの現代社会を健やかにアクティブに元気に生き抜くためのお供として、CBDオイルを上手に取り入れていきましょう。

Categories
未分類

効きすぎた場合は?横になっていれば大丈夫ですよ

CBDが効きすぎた?横になっていれば大丈夫

CBDはCannabidiolを略で、関連商品は日本でも人気が高まっていますCannabidiolについて紹介するサイトも増え、必要な情報が取得しやすくなっています。

初心者がCannabidiolを利用する場合、気する人が多いのが効きすぎの心配です。

一般的に効きすぎの心配はなく、摂りすぎても横になっていれば時間と共に元の状態に戻ります。

アメリカでは、日本よりも前にCannabidiolの安全性が広く知られるようになっています。Cannabidiolが注目され人気を集めているのは、心身の健康を支える作用があるからです。

海外では医療に活かすための研究が日々進められています。CBDの特徴のひとつが、人間を本来の状態に戻してくれる制御システムをサポートする働きです。

人間には元々自然治癒力があり、心身に負担がかかっても元に戻ろうとする力が働きます。ECSは人間が生きていくために必要な身体の調節機能です。

Cannabidiolは精神作用はなく睡眠や免疫、食欲などに関与しています。

健康を支えてくれるCannabidiolを体内に摂取しやすくしたのがCBDオイルと呼ばれる商品です。

ネットショップを利用すれば、自宅にいながら簡単に注文できます。

副作用の心配はないけど気をつけたいこともあります

医薬品を購入する場合は副作用が心配ですが、CBDは基本的に副作用の心配がないです。

保健に関するグローバルな問題に対して強いリーダーシップを発揮している世界保健機関WHOも、CBDは安全だと発表しています。

Cannabidiolを使った製品には、飲むタイプや喫煙タイプなど様々なタイプがあります。

Cannabidiolを利用したオイルやリキッドは、健康食品に分類されています。

植物の天然成分が使われているので、サプリメントや健康食品と同様に利用できます。不眠症の対策にも利用されているCannabidiolは、食後の眠いときに摂取するとさらに眠くなります。

眠りたくても眠れない人は、Cannabidiolを摂ると不眠症対策になり睡眠の質を高められます。

健康食品のひとつですが、過剰に摂取すると気分が悪くなる可能性があります。

一般的な摂取量を守っていれば、悪い影響を気にせずに健康のために利用できます。製品によっては、補助成分に他のオイルなどが配合されているケースがあります。体質によりアレルギーがある人もいるので、購入前の成分確認は必須です。

アレルギーの判断ができない場合は、かかりつけの病院を受診するとアレルギーの有無がわかります。

Categories
未分類

CBDの「健康被害」のリスク・第三者機関の分析の有無

CBDの健康被害?合法ではないvapeにビタミンEアセテートが混入していたケース

リラックス効果など様々な効果が期待されアメリカでも大流行中のCBDには、深刻な健康被害を引き起こす一面も持っています。

過去には重篤な健康被害も起きておりリスクも指摘されているので、身体に良い使い方をするためにも知っておく必要があります。

CBDの健康被害で大きな問題となったのは、ノースカロライナ州にあるアメリカ軍基地でおいた事件です。

ノースカロライナ州にある2つのアメリカ軍基地内の医療センターで、約60人の軍関係者がわずか数ヶ月の間に頭痛や吐き気、障害見当識障害などの症状を訴える事件がありました。

この事件の原因となったのは、VAPEで吸っていたCBDにビタミンEアセテートが含まれていたからです。日本国内では違法のビタミンEアセテートを過剰に吸い込むと、頭痛や吐き気などの副作用を引き起こします。

つまり違法な成分であるビタミンEアセテートを過剰に吸い込んだことによって、基地内で次々と関係者が症状を訴えました。

その結果アメリカ陸軍は公衆衛生警告を発する事態にまで陥り、アメリカ内でも人体に与える悪影響について考えさせられる事件となりました。

その他にもVAPEのオイルに熱を加えると発がん性物質に変化する成分が含まれていたなど、含まれている成分には気を付けなければいけません。

基本的にはとても安全性の高い!けど第三者機関の成分分析されている製品を選ぶ

アメリカ軍を揺るがすほどの事件が過去に起きていると、ネガティブなイメージを持ってしまうかもしれません。

しかしCBDは基本的にはとても安全性が高いといわれており、大切なポイントはオイルなどに含まれている成分です。

法律では認められていない違法成分が含まれていたり、加熱したり高温になると発がん性物質へと変化する成分が含まれていなければ、健康リスクは下がり身体に良い効果だけ得られます。

ですから店頭でCBDを購入するときには、安全性に注意しながら選びましょう。

安全性の目安にはいくつかポイントがあって、一つはGMP認証された製品です。

GMP認証を受けた製品は製造工程から出荷まで徹底管理された工場で生産されているので、信頼性が高く違法成分が入り込む可能性も低くなっています。

また第三者機関に成分分析を依頼して、認められている製品を選ぶのもポイントです。自社だけではなく公平な第三者がお墨付きを与えている製品なら、信頼性は寄り高まるでしょう。

さらに正規輸入代理店や専門ショップなど、海外から輸入されるときに税関を通っていることも重要です。

このようにいくつかのポイントに注意しながら選ぶようにすれば、安心してCBDを使えます。

Categories
未分類

CBDリキッドは「ラリる」?はじめは疑ってました、実は。

CBDでラリることはない!そのワケとは?

CBDには違法な成分が一切入っておらず、精神的に異常を来たすリスクも全くありません。あくまで疲労回復や自律神経の調整のために活用できるものですから、依存性への心配もする必要がないのです。

当然、ラリることへの不安も持たなくて構いません。

薬物の副作用によく見られる意識の混濁や、異常行動を起こす可能性も有り得ないでしょう。過剰摂取すら問題ないとされていますから、多少1日の目安を超えるような量を摂っても害がないのは本当に素晴らしいです。

WHOからも太鼓判を捺されているように、CBDは健康的に身体を楽にする方法の1つとして今や世界中で認知されつつあります。

まだ日本では普及していない印象が強いですが、海外では厳しい検査を受けるプロアスリートですら愛用している人が多いので、ここも違法性やラリることへの不安を払拭する根拠となっています。

また、通常の副作用自体もほとんど確認されておらず、何となく眠気が強くなる程度のものしかありません。

寧ろ一般的に出回っている市販の薬よりも、摂取が簡単で続けやすいことから利点は上だという意見もあります。

それくらい配合成分が保証できるものですので、ラリる不安から使いたくないという人も一度試してみる価値はあるでしょう。

キマったりしないけど、気化摂取すると吸収されたやすい

CBDは経口摂取する方法が一般的で、主にオイルなどを飲み物に混ぜて一緒に飲むのが主流です。しかし効率良く摂り込むには気化させるのが理想とされており、そこで役立つのがタバコに垂らす方法で煙と一緒に摂取することです。

具体的にはタバコの巻紙にCBDの液体を垂らし、その後に火を点けます。

すると煙の中に気化されたCBD混ざるため、そのまま吸ってしまえば肺に直接摂り込むことができます。こうすると胃に入れるよりも全身に効果が巡るのが早くなり、少ない量からでも最大限の恩恵を受けられるようになるのです。

当然タバコが苦手な人もいるでしょうが、電子タバコや水タバコを活用しても構いません。熱で気化させることがポイントなわけですから、水に混ぜてそれを蒸発させたものを吸っても大丈夫です。

多少経口摂取よりも手間は掛かりますが、しっかり効果を感じたい人にほどおすすめできます。

CBDは熱にも強いため、加熱することで成分が弱まったりはしません。

その代わり気化させる際に混ぜる水の量などが多いと気化もしにくくなるので、少量の水で行うようにしてください。

同時にタバコに使う場合も、どこに垂らすのかを考えて使うと吸う煙の量を減らせます。

煙を吸い過ぎると健康的に本末転倒ですし、十分に注意をしておいてください。